【手すり】handrail-grabbar

【手すり】

手すりの高さ

多くの人が利用する建物の歩行補助手すりの設置高さの目安は、「床から手すりの天端(トップ)までで75~85cm」というのが一般的です。75cmでは少し低いと感じる場合もあるので、80cm程度がよいでしょう。二段手すりの場合は、下段を60~65cmにします。一方住宅の場合は、基本的に使う人に合わせて設置します。新築住宅の場合は75~80cmが一般的ですが、手すりが必要になってリフォームを行う場合などは、利用者の身体特性に合わせて位置や長さを確認しながら設置することをおすすめします。

廊下手すりの高さ階段手すりの高さ

(全71件)48件表示

  • 1
  • 2